亡くなった人の遺産を相続する権利と、
相続する人の順位と割合というのは、
法律で決められています。

ただ、遺産を相続する割合については、
あくまで目安ということであって、
相続人全員の合意があれば、その割合と違ってもかまいません。

ではまず、亡くなった人の遺産を相続する権利があり、
第一順位に指定されている人は、
被相続人(亡くなった人)の子供や孫です。

亡くなった人の子供であれば、実子であっても、
養子であっても、遺産を相続する権利があり、
順位的にも、第一順位となります。

ただ、亡くなった人に子供がいれば、
その子供に子供(亡くなった人から見て孫)がいても、
亡くなった人の子供が生存している限りは、孫に相続の権利はありません。

つまり、第一順位の中でも、
まず子供が優先され、孫に相続の権利が移るのは、
子供が亡くなっている時のみということです。

また、相続分の目安となる割合については、
亡くなった人に配偶者(夫または妻)と子供がいる場合には、
配偶者が2分の1、子供全員で2分の1の割合となります。

子供が1人であっても、5人であっても、
子供全員で、遺産総額の2分の1の割合が、
法律上決められた目安の割合ということです。

スポンサーリンク


次に、亡くなった人に子供も孫もひ孫もいない場合、
第二順位として、相続の権利は、
亡くなった人の両親や祖父母などの直系尊属に移ります。

直系尊属(ちょっけいそんぞく)とは、
被相続人(亡くなった人)から見て、
両親や祖父母、曾祖父母などのことです。

もし、亡くなった人の母親が生きていれば、
亡くなった人の祖父母や曾祖父母が生きていても、
相続の権利があるのは、亡くなった人の母親だけとなります。

もし、亡くなった人の両親が亡くなっていて、
亡くなった人の祖父だけが生きていれば、
相続の権利があるのは、亡くなった人の祖父だけです。

つまり、直系尊属は、第二順位で相続の権利があるのですが、
その中でも、まず、亡くなった人の両親、
両親が亡くなっていれば、祖父母に権利が移るということです。

また、直系尊属が相続人になる場合の割合ですが、
亡くなった人に配偶者がいなければ、全部となり、
配偶者がいれば、直系尊属全員で遺産総額の3分の1の割合となります。

最後に、亡くなった人に子供も孫もひ孫もいなくて、
両親や祖父母、曾祖父母も全員亡くなっていれば、
第三順位として、亡くなった人の兄弟姉妹に相続の権利が移ります。

逆に言えば、亡くなった人に子供か、
両親や祖父母が、1人でもいれば、
亡くなった人の兄弟姉妹には、相続の権利はないということです。

また、兄弟姉妹の相続の割合としては、
亡くなった人に配偶者がいなければ、全部となり、
配偶者がいれば、兄弟姉妹全員で遺産総額の4分の1の割合となります。

ただ、ここで問題になるのが、
遺産相続の権利が、亡くなった人の兄弟姉妹に移った場合でも、
すでに亡くなっている兄弟姉妹がいる時です。

その時には、亡くなっている兄弟姉妹に、
子供(被相続人から見て甥姪)がいるのかいないのかによって、
相続の権利が変わってきます。

甥や姪がいれば、相続の権利や割合はその人達に移り、
甥や姪がいなければ、
相続の権利は、他の生きている兄弟姉妹に集まることになるのです。

このように、第三順位に相続の権利が移る場合であっても、
兄弟姉妹→甥姪といった流れになる場合もあるわけです。
この流れを、専門用語では、代襲相続と呼んでいます。

スポンサーリンク